coffee break

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2008/06/04 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像かなり以前にバドミントンの仲間と話したことがある.
「もし私が皆より先に死んだら,お墓はいらないから桜の木を一本植えて欲しい.そして花が咲いたら,料理とお酒を持ち寄って桜の木の下でお花見をしてちょうだい.その時に桜の木にもほんのちょっとでいいからお酒をおすそ分けして.」
すると一人が言った.
「嫌ざい.桜の木には毛虫のつくやろ.刺されたらかゆーなるやろが.」
そこで私は言った.
「それくらい我慢しい.自分たちだけ飲んだり食べたりするんだから.私も毛虫ぐらい降らさないと気持ちがおさまらない!」

桜の花は明るい日差しのもとでは楚々として可憐であるが,
月光の下で見る桜には全く違った印象を与えられる.
幽玄で,どこかおどろおどろしく,畏怖さえ感じる.
暗闇に浮かぶ桜の木を見上げていると,
ふと,坂口安吾の「桜の森の満開の下」を思い出す.

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − coffee break/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる